top of page

【開催報告】6月9日(金)開催 LeNetキックオフシンポジウム

更新日:7月31日

6月9日(金)に、対面・オンラインのハイブリッド形式で、キックオフシンポジウムが開催されました。

プロジェクト全体の紹介のほか、LeNetとは何か、その力学的・機能的おもしろさはどこにあるのか、SMCR北大ユニット教員4名と、アメリカユニットのStephen Craig教授 (デューク大学)、及びフランスユニットのCostantino Creton副学長 (ESPCI Paris-PSL)のオンライン講演により、合成・解析・機能など多様な切り口で紹介が行われました。


対面会場(北キャンパス総合研究棟7号館)でプロジェクトについて紹介するグン教授


スティーヴン クレイグ教授(アメリカ・デューク大学)によるオンライン講演

コンスタンティノ クレトン副学長(フランス・ESPCI)によるオンライン講演

対面会場での参加者の様子

午前・午後の部を合わせて延べ105名の参加があり、学生も多く来場しました。 最新の研究動向に関する講演を介して、議論や質疑応答が行われ、今後の国際共同研究への新たな可能性が期待される、よい機会となりました。


LeNetでは、プロジェクトに興味のある博士課程学生・ポスドクを広く募集中です。研究期間中は海外拠点に長期滞在し、日本・海外両拠点からの指導を受けながら、世界トップレベル研究に携わることができます。ご応募をお待ちしています!


関連リンク


北大時報2023.7月号(p21) 「先端生命科学研究院ソフトマター国際連携ユニット(SMCR)がLeNetキックオフシンポジウムを開催」

https://www.hokudai.ac.jp/pr/pdf/jihou_23_7.pdf#page=23














閲覧数:48回
bottom of page